アフィリエイト運用は「人事を尽くして天命を待つ」!?

アドネットワークとアフィリエイト。

アドネットワークは”クリックされたら”、アフィリエイトは”成約されたら”で金銭のやりとりが発生する、という明確な違いが両者にはありますが、それだけではありません。

広告主さんと中間業者(アフィリエイトASPやアドネットワーク会社)にとっては運用面で大きな違いがあります。

両者の運用方法を混同してしまい、苦労されている方が多いので、僕なりに違いをまとめてみました。

アドネットワークの特徴

  • メディアにとってアドネットワークは広告選定代行・配信代行屋さん
  • 広告主はCPCやCPMを高く入札すればある程度思い通りのメディアに配信できる
  • メディアはどの広告を掲載するかは選べない
  • よって、メディアの思い通りの広告が掲載されるとは限らない

アドネットワークには上記のような特徴があるため、「いつ」「どこに」広告を掲載するかはある程度広告主側でコントロールできます。

広告主さんが「いつ掲載されんの?」とアドネットワーク会社に聞けば、彼らは「即日できます!」と気持よく答えることができます。
なぜならば、広告主さんの広告をどのメディアにいつ配信するかはアドネットワーク側に決定権があり、ボタン一つで実行できるからです。

一方メディアさんは、どの広告をいつ配信するか、という決定権をアドネットワークに委ねているので、希望の広告を思い通りに配信することはできません。

アフィリエイトの特徴

  • メディアにとってASPは広告カタログ
  • 広告主ができるのは広告カタログに自社の広告を載せるだけ
  • メディアはASPの広告カタログを見て掲載する広告を選ぶ
  • よって、広告主の思い通りに広告が掲載されるとは限らない

アフィリエイトはどの広告をいつ配信するかを決めているのは中間業者であるアフィリエイトASPではありません。メディアさんです。
この点が、アドネットワークとの大きな違いです。
アフィリエイトではメディアさんが好きな広告を自分で選んで掲載します。

そのため、広告主さんやアフィリエイトASPがいつ広告の掲載を始めるかであったり、どこに広告を載せるか、ということを決めることができません。
できるのは、あくまでアフィリエイトASPの管理画面というカタログに広告を載せるだけです。

アフィリエイトASPは、メディアさんに掲載してもらえるようにメールを送ったり電話をしたりして広告掲載をお願いすることで広告掲載が早く始まるようにすることはできます。
しかし、結局は、様々な広告が並んでいるカタログの中から、メディアさんに選んでもらわないと掲載が始まりません。

アフィリエイト運用を効率的に行うには

アフィリエイトで広告主さんができるのはカタログに広告を載せること、と書きましたが、広告をどのようにカタログ載せるかについてはコントロール可能です。
カタログ上でメディアにアピールすることができれば、広告が掲載される確率はぐんと上がります。

例えば、

  • 報酬単価を上げる
  • 原稿を増やす
  • ランディングページをリニューアルする
  • 魅力的な広告紹介文を載せる

などです。

上記を行ったら、あとはメディアさんが反応するのを待つというのが基本スタンスです。
それぞれのメディアさんはそれぞれの都合やタイミングで掲載する広告を選ぶので、広告主さん側は辛抱強く待つことになります。
ちなみに、アフィリエイトASPはメルマガや電話営業で広告をアピールして掲載を促しますが、最終的にはメディアさんの判断で広告が掲載されます。

「人事を尽くして天命を待つ」というスタンスでアフィリエイト運用を考えることで、うまくアフィリエイトを扱うことができると思っています。

AD

チームの成功のために自分にできることを精一杯やる

logo_linkedge

チームの成功を第一に考え行動する。

当たり前のことで恐縮ですが、大きな成功を手にするためには、チームメンバーの1人1人がそれを遂行していることが必要だと思います。
そして、どんな場面でもそれができている人というのは少ないのではないかと感じています。
僕自身もまだまだ意識しないとできない場合が多いです。

チームで仕事をすると、自分がメインとなり活躍する場面だけでなく、サポートに回る場面もたくさんあります。
また、自分が関わっていないところで、周りのメンバーが大活躍する場面も必ずあります。
そんなときに一所懸命サポートできるか、応援できるか。

自分がサポートや応援側に回ったほうがチームとして大きな成果を掴める、という場面はよくあります。
そんなことは分かりきっていても、自分の感情や利害とチームの成功を考える上でのベストな判断というのを混同してしまうことが大にしてあります。
「自分はメインじゃないから・・・」と考え、自分がサポーターとしてできることを放棄してしまいがちです。

でも、社会人になって6年間で痛切に感じるのは、このような場面で自分ができるベストな役割を果たせない人、ベストな判断ができない人には、誰も共感しない、付いて来ないということです。
メインや主役じゃなくてでも、チームの成功のために自分ができることをやることが、チームのためにはもちろん、あとあとの自分の評価のためにも最も大切です。

また、チームの中の誰か1人でも、自分だけが利益を得る、自分がだけが活躍する、という考えの人がいたら、それは周りにも伝染します。
結果、足の引っ張り合いだらけのチームになってしまい、結局全員が活躍できないという皮肉な結果をもたらします。

逆にチームの成功を第一に自分ができることを精一杯やるという考えも伝播します。
チーム全体にそういう考えが染み渡れば、チームとしても個人としても大きな成功を手に入れられると思います。

チーム・リンクエッジの成功を第一に、自分にできることを精一杯やる。
僕は、痛いほどそれを意識して日々の意思決定や判断を行い続けられるようにがんばろうと思います。

起業

被リンク獲得はTwitterで

twitter

ペンギンアップデートの影響で有料リンクや相互リンクサービスを使っているサイトの多くが大きく順位を落としているのは周知の事実ですが、ナチュラルな被リンクをもらうことは引き続き重要です。

でも、ナチュラルなリンクを集めるのってなかなか難しいですよね。
サイトやブログを持ってる友達にお願いしてリンクを集めても、集められるリンクの数はたかが知れていると思います。

そこでポイントになってくるのがソーシャルボタンです。

今は、TwitterやFacebookなどのおかげで、サイト制作の知識がない人でもブログを書かない人でも簡単にリンクを貼れるようになりました。
ソーシャルサービス上でリンクが拡散されれば、被リンクをものすごい数まで増やせるわけです。

ただし、FacebookのリンクはSEO効果なし

Facebookはリンクにnofollow属性が付きます。aタグ内に「rel=”nofollow”」ってやつです。

facebook_nofollow

Googleウェブマスターツールのヘルプによると、

「nofollow」は、「このページのリンクをたどらない」や「このリンクをたどらない」といった指示を検索エンジンに与える手段の 1 つです。

つまりFacebookからのリンクをGoogleの検索エンジンは評価できないわけです。

んじゃ、Twitterは?

Twitterに貼られたリンクもFacebookと同様、nofollow属性が付くため被リンクとして評価されません。
しかし、TwitterのAPIを使ったサービスには、nofollow属性がつかな無いものがいくつかあります。
そのため、Twitterでたくさんリンクをつぶやいてもらって、たくさん返信やリツイートしてもらえれば、nofollowが付かないリンクを一気に増やせるわけです。

ちなみに、Twitter APIを利用したサイトの中でnofollowが付かないサイトには以下のようなものがあります。

僕はどちらかというとTwitterよりFacebookを使うほうなので遺憾(?)です。
SEOを意識したサイト運営にはTwitterが有効なようです。

SEO