被リンク獲得はTwitterで

twitter

ペンギンアップデートの影響で有料リンクや相互リンクサービスを使っているサイトの多くが大きく順位を落としているのは周知の事実ですが、ナチュラルな被リンクをもらうことは引き続き重要です。

でも、ナチュラルなリンクを集めるのってなかなか難しいですよね。
サイトやブログを持ってる友達にお願いしてリンクを集めても、集められるリンクの数はたかが知れていると思います。

そこでポイントになってくるのがソーシャルボタンです。

今は、TwitterやFacebookなどのおかげで、サイト制作の知識がない人でもブログを書かない人でも簡単にリンクを貼れるようになりました。
ソーシャルサービス上でリンクが拡散されれば、被リンクをものすごい数まで増やせるわけです。

ただし、FacebookのリンクはSEO効果なし

Facebookはリンクにnofollow属性が付きます。aタグ内に「rel=”nofollow”」ってやつです。

facebook_nofollow

Googleウェブマスターツールのヘルプによると、

「nofollow」は、「このページのリンクをたどらない」や「このリンクをたどらない」といった指示を検索エンジンに与える手段の 1 つです。

つまりFacebookからのリンクをGoogleの検索エンジンは評価できないわけです。

んじゃ、Twitterは?

Twitterに貼られたリンクもFacebookと同様、nofollow属性が付くため被リンクとして評価されません。
しかし、TwitterのAPIを使ったサービスには、nofollow属性がつかな無いものがいくつかあります。
そのため、Twitterでたくさんリンクをつぶやいてもらって、たくさん返信やリツイートしてもらえれば、nofollowが付かないリンクを一気に増やせるわけです。

ちなみに、Twitter APIを利用したサイトの中でnofollowが付かないサイトには以下のようなものがあります。

僕はどちらかというとTwitterよりFacebookを使うほうなので遺憾(?)です。
SEOを意識したサイト運営にはTwitterが有効なようです。

SEO